FC2ブログ

会計事務所のよもやま話

兵庫県西宮市の会計事務所です。 仕事のこと、プライベートのこと、織り交ぜて日々の出来事を お話していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロメテウスの火

税理士法人オグシ会計事務所職員のYです。

ギリシャ神話によれば、神々の棲む都市オリュンポスから火を盗み出し、人類に与えたのは神の一族であるプロメテウスです。神から火を与えられたことにより、人類は文明を発展させることになるのですが、プロメテウスは火を盗んだ罪により、その不死の体を山の頂上に縛られ、半永久的に毎日肝臓をハゲタカに喰われるという拷問を受けることになります・・・。

さて、政府が福井県にある大飯原発の再稼働を決定してから、ついに原子炉の稼働が始まりました。はたしてこの原子力という火は、本当に私達の文明を発展させる火となるのでしょうか?福島第一原発では、いまだに4号機建屋内にある使用済核燃料棒の処理が進んでいません。燃料棒を水冷保管している貯蔵プールの水が無くなるような事態が起こった場合、燃料棒が再び発熱し、膨大な量の放射能を外部に撒き散らす恐れが指摘されています。4号機建屋内の核燃料棒がすべて熱により崩壊すれば、日本に人が住むことができなくなるとも言われています。

そのような現状にもかかわらず、この時点で原発を再稼働したことの意味は何でしょうか。経済活動の為、文明的生活の為といいつつも、その後ろに原発ビジネスで利権を得ている者たちの意図がないでしょうか?
原発で生計を立てている地元住民の方もいるでしょうが、莫大な維持費や核燃料廃棄物の処理の厄介さを考えても、政府は代替エネルギーの研究開発に力を向けるべきです。

思うに原子力を完全にコントロールするには、人間はまだ未熟すぎます。ならば、一旦この「神の火」を諦め、神の元へ返上する決意も必要なのではないでしょうか...。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/06(金) 21:01:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うなぎ・・・・ | ホーム | かわいい子たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogushikaikei.blog.fc2.com/tb.php/62-c72b2c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。