FC2ブログ

会計事務所のよもやま話

兵庫県西宮市の会計事務所です。 仕事のこと、プライベートのこと、織り交ぜて日々の出来事を お話していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マリー・アントワネット展へ

マリーアントワネット物語展を見に神戸の兵庫県立美術館へ行って来ました。
ベルサイユのばら著者の池田理代子さんがナレーションの音声ガイドを借りると、スタッフの方が「おつけしましょうか?」と
首にひもをかけ耳にイヤホンをセットして下さいました。入る前から少し優雅な気分でいざ中へ~
絵画の他にも香水入れやつけぼくろ入れなどの小物の展示もあり、現在でも十分使えるようなおしゃれなものばかりでした。
有名な首飾り事件の首飾り(復元)もあったのですが、これは少しイメージしていたものと違い残念。

アントワネットは毎年多くのドレスと作っていましたが、革命の混乱で現存はしていないそうで、
今回ロココ調やイングランド様式などの5種類のドレスが再現されて大広間に展示されていました。
何よりも楽しみにしていたこの場所。撮影okと聞いていたのでいろんな角度からデジカメで撮影してきました。
どの角度から見ても美しく、スタイルが良く見えるようなデザインになっていて優雅で溜息ものでした。

14歳でルイ16世に嫁いだ頃の絵やルイ16世の戴冠式などは時代的にも絵が華やかでした。
3人の子供たちに囲まれ幸せそうな母親の顔をしたアントワネットも印象的でしたが、幽閉されていた独房から処刑場へ行く姿は
後ろ手に縛られながらも背すじを伸ばし、まっすぐ前を見る姿は凛とした王妃の品があり、とても印象に残りました。

展示数はそれほど多くはなかったですが、お客さんもほとんどが女性でアントワネットファンには楽しめた展示会でした。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/11(金) 14:04:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菊花賞 | ホーム | 能力の差>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogushikaikei.blog.fc2.com/tb.php/130-8ee7baac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。