FC2ブログ

会計事務所のよもやま話

兵庫県西宮市の会計事務所です。 仕事のこと、プライベートのこと、織り交ぜて日々の出来事を お話していきます。

第8回伊丹バル

ちょっと前になりますが、関西地区のバルの先駆け
伊丹バルに行ってまいりました。

今回で第8回ということもあり、少々というか
かなりマンネリ感が漂っておりましたが、
土曜日の正午開催にもかかわらず伊丹では
あまり見ることのないぐらいの人が押し寄せておりました。

今回飲んだくれた店は7軒。

①インディアンパレス
 インド料理四品とビール
 ・チキンティッカ
 ・チキンチリ
 ・バジャ
 ・マッシュポテト
②串カツ居酒屋 らくだ屋
 串カツ3本とお造り2種と梅酒
③酒遊館 味蔵
 八戸産鯖棒寿司と日本酒
④ほこ ~魚菜と地酒~
 鯛茶漬けとほうじ茶
⑤炭火焼鳥専門店 あみや
 焼き鳥4串とビール
⑥奄んちゅ
 豚の角煮とビール
⑦鮨 千寿
 握り3貫と細巻きとウーロン茶

最後はもうアルコールいっぱいいっぱいでお茶にしましたが
マンネリではありながらも今回も堪能いたしました♪

次回11月2日(土)開催予定ですのでご興味のございます方は
是非ご参加ください!!
ミュージシャンからミュージシャン(?)というような方まで
いろんなジャンルの音楽にも出会えます!!

http://itami-tc.com/bar/
スポンサーサイト



  1. 2013/06/27(木) 18:29:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すてきなお店

最近お気に入りのお店について書きます。
1つめは、阪神西宮駅から少し離れたカフェ。
お店の前後に窓があり、植木とナチュラルな家具で飾ってあり明るく開放的なお店です。
大きめの机と席の間も広めなので、パソコンをしたり置いてあるカフェ本や絵本を読んでまったりと過ごせます。
ハンバーグなどのお料理もおいしいですが、種類が豊富なしっとり系のパンケーキがとってもおいしい☆
そしていつも絶妙なタイミングで持ってきてくれるロイヤルミルクティのような濃い紅茶はポットで2杯分。
これがまた絶品です!
たまに3歳の娘さんが遊びにきてくれたり、行くたびに癒されてます。

2つめは、つい先日オープンしたばかりのコーヒー専門店。
メニューはコーヒーのみで、コーヒー豆の販売もされています。
頂いたアイスコーヒーは後味すっきりで爽やかなお味でした^^
店内はグリーンが多くアンティークな家具で少しレトロな内装は
雑誌から抜け出てきたようにおしゃれ。夜のライトが点くとさらに素敵でした^^
焙煎機や家具はヨーロッパのものが多いそうで、
見ているだけでも楽しくてテンションが上がりました。
オープンの裏話などいろんな話を聞いているうちに気づけば2時間、、

そして、1つめのカフェのオーナーさんと前からのお知り合いだそうで、思わぬ繋がりにびっくり!
秋ごろまではゆっくりと営業したいとのことなので、あえて店名は伏せておきます^^
でもひそかに雑誌に載ることを願うのでした。。


  1. 2013/06/21(金) 15:33:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の文化である着物を

6月の梅雨がやってきましたね。
学生の制服は衣替えの時期になり、夏を迎える準備が開始されているようですね。

ところで着物も6月には袷という2重の生地の着物から、
単衣という1重の生地の着物に
7月から8月には絽・紗という薄手の生地の着物に
9月には涼しい時期に入るため単衣に
そして10月からはまた袷の着物にという風に季節折々
着るものが変わってきます。
近年は温暖化のため着る方によっては
5月に単衣など着られる方もいらっしゃいますが・・

京都では「白足袋にやさしく」というコンセプトで
地下鉄やタクシーなど着物を着ているだけで
割引があります。

最近は結婚式や成人式でも洋服の人が増えていますが
日本の文化である着物を着てほしいです。
たしかに洋服と違って着るのに時間はかかりますが
帯を締めると気も引き締まり凛とした感じになります。

夏の花火の時期には浴衣姿の若い女性を
よく見かけるようになりました。
着物も慣れてみると浴衣とあまり変わらないので
あまり形式にとらわれずに習慣的に着てみてもらいたいですね。

  1. 2013/06/06(木) 10:42:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CMというもの

税理士法人オグシ会計事務所のYです。

最近家でもゆっくりとテレビを観ることも少なくなり(番組大半がつまらないのもある)、従って合間のCMをだらだらと眺める事も減りました。おかげさまで物欲を刺激される事も減り、企業が垂れ流すCMの威力を思い知った次第です。
CMで流される虚像のイメージに自らの生活を重ね合わせ、サービス・物を購入する事に慣れていましたが、街中でどれだけの広告が溢れかえっているか改めて見直すと、なんだか(買え、買え)と脅迫されているようで正直うすら寒い気がします。果たして今まで買った物やサービスで一体どれだけが本当に必要な物だったか考えると、結構無駄遣いしているなぁと気がつきました。
とはいえ、企業にしても物・サービスを消費してもらわないことには、経済活動が成立しないのだからCM打つのも必死でしょうね。押し付けがましいCMの中にも、時々とってもセンスのいい面白いものもあります。
youtubeでフランスの自動車会社のプジョーが「チキチキマシン猛レース」の実写版をCMにしていましたが、かなりのクオリティで
見ている間は楽しくて笑顔になります。車を買おうという気にはなりませんでしたが、こういうセンスのいいCMを流すことは企業イメージにもプラス効果になるんでしょうね。

  1. 2013/06/03(月) 10:12:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0